こんにちは。九鬼家のダッシュ!!🏃‍♂️🏃‍♂️です。

昨日からブログを再開しました👏👏

前回のブログ内容は、「スプリントを考える」の目次のような内容でした。

まだご覧でない方は、ぜひどうぞ👇

http://kukikenodash.blog.jp/archives/79568795.html

今日の内容は、ステップ変数のお話です

基本的に、疾走速度(スプリント能力)は、
ピッチ(=脚の回転数)ストライド(1歩の大きさ)
の2つの要素によって決定されます🙆‍♂️

そして、ピッチは支持時間(地面に足がついている時間)滞空時間(地面に足がついていない時間)によって決定されます。

ストライドは、支持距離(支持期で進んだ距離)滞空距離(空中で進んだ距離)によって決定されます。

それを図で示すとこんな感じですね🙇‍♂️

スライド2

つまり、スプリント能力を高めるためには。

脚の回転数を高めるか、一歩の大きさを大きくするのか、あるいはその両方を高めるのか、しか選択肢はないということです🙅‍♂️

そして、スプリントのトレーニングや技術も大胆に簡略化して考えると、

回転数を高めるためのものなのか、一歩の大きさを大きくするものなのか、

ということに分類できると思います👍

では、実際にピッチとストライド、さらにはその下位の要素がそれぞれどのような関係性にあるの??

というのを次回のブログで説明したいと思います🙋‍♂️

お楽しみに🙇‍♂️