九鬼家のダッシュ!!🏃‍♂️🏃‍♂️

2019年02月

こんにちは。

九鬼家のダッシュ!!です。

今日は、メキシコでの最後のポイントトレーニングでした。

トレーニングは、
股関節のエクササイズ
サーキット
メディシンボール投げ
を行なった後に、

下り坂走を3本行い、

SDの確認を行いました。

前回のSDの時に、「もう少し脚の軌道が前回転にしたいなー」という感覚があったので、

あえて、下り坂走を先に行なって、

股関節の屈曲を強調した上で、SDを行いました。



今日のSDは、少し疲労が見えて、思うように走れませんでしたが、

脚の軌道は少し前に返ってくるようになったかなと、感触を得ています。

帰ってからは、レースに出ながら少しずつ調整していければと思います。

九鬼

こんにちは。

九鬼家のダッシュ!!です。

前回のブログでは、SDの練習と坂下り走のことを紹介しました。↓↓

http://kukikenodash.blog.jp/archives/78445181.html

今日のトレーニングでは、

午前中に200mと100mを行い、

午後に、ウェイトトレーニングを行いました。

ウェイトトレーニングでは、普段から、デッドリフトやクリーン、スナッチなどを行います。
IMG_4791

ウェイトトレーニングでは、主に鉛直方向への力発揮能力を改善することを目的にしています。

そのため、高重量・低回数で行い、爆発的に力を発揮することを意識します。
IMG_4800

「ウェイトトレーニングをすると身体が重くなる」と言われることもありますが、

基本的に、スプリント能力を高めるためには筋力の向上は重要になります。

具体的には、体重あたりの筋力の向上が重要と言えます。

球技系の選手で、コンタクトが試合中に生じる選手は、単純な体重あたりの筋力というよりは、もう少し筋力に重み付けを行うアロメトリックスケールを用います。

いずれにしても、前方方向への加速能力を高めるには、推進方向への力積を高める必要があります。

スプリント技術を改善することによっても、その地面への力発揮は改善されますが、
体力的な観点からのアプローチも重要視しています。

様々な方法でウェイトトレーニングの情報は得られると思います。まだ取り組んでいない方は、是非ともトライしてみてください。

九鬼

こんにちは。

九鬼家のダッシュ!!です。

今日の練習は、スタートの確認と坂下り走を行いました。

動画は、下り坂走のものです。↓↓


今日で、2回目の下り坂走になります。

前回よりも、遊脚の前方へのスイングのタイミングが早くなっているかなと思います。

この坂は、サーフェイスが砂利ですが、
普段のトレーニング場では、コンクリートと芝生なので、もう少し努力度を出せます。

導入のトレーニングとしては、いい形でできつつあります。

あと2ヶ月程度で、どこまで状態を仕上げられるか。

九鬼

こんにちは。

九鬼家のダッシュ!!です。

前回ブログで、メキシコ合宿での下り坂走の内容を紹介しました。↓↓

http://kukikenodash.blog.jp/archives/78425710.html

今日は、トレーニングがオフでした。

なので、書く内容がありません。。。苦

どうしようかと考えたのですが。
今年の織田記念までの試合のスケジュールについて書こうと思います。

一般的には、国内の大きな試合はグランプリシリーズで、4月末にある織田記念がまずは一つの山場だと思います。

そのため、春先の試合とトレーニングでは、
「4月末の織田記念にどのようにして、調整していくか」
というのが主な課題になると思います。

僕たちのスケジューリングでは、3月中旬に和歌山県の記録会でシーズンインします。

そこからは、2週間おきに試合を重ねていって、3〜4試合目が織田記念になるようにしています。

それまでの試合を調整のための試合として、あまり速い選手とは当たらないように試合を計画し、

まずは、「試合でのレース」という負荷を加えるところからはじめて、

次のステップとして、レース中での競争が出るようにします。

初戦から自分と力が拮抗あるいは上の選手とあたると、冬季練習で積み上げていた内容がうまく発揮できないことが多いように感じます。

最悪の場合、それを数レース引きずってしまうことも。。。

みなさんは、どのような試合スケジュールで調整していきますか?

コメントで共有していただけると嬉しいです。

九鬼

こんにちは。

九鬼家のダッシュ!!です。

前回ブログで、メキシコ合宿でのSDの内容を紹介しました。↓↓

http://kukikenodash.blog.jp/archives/78417162.html

今日のトレーニングは、下り坂走です。

いつもの通りに、トレーニングは、股関節まわりのエクササイズから始まります。

サーキット(前日とは異なるエクササイズで股関節まわりの筋にアプローチ)

ランディングとメディシンボール投げ、

ハードルドリルです。

ここまでで、およそ50分くらいです。

シーズンに向けて、もう少しコンパクトにしていきます。

その後、少しウォーミングアップをして、100m×2本。

100mを走るのは久しぶりだったので、90%くらいの力で、レース展開を確認しながら走りました。

そして、メインの下り坂走に入ります。

IMG_4774

使用したのは緩やかな坂です。
地面が砂利だったので、全力では走らずに、95%程度を維持しました。

こんな感じです。↓↓


この下り坂走のトレーニングは、2次加速の後半から最大疾走速度が出現する区間を狙っています。

これは個人的な考えですが、

冬季トレーニングを、加速曲線のどの部分から初めて、シーズンに向けてどう移行していくのかということを考えながら、トレーニングを計画しています。
(これは陸上選手に特有だと思います。)

弟の場合は、まずは一次加速の部分を中心にトレーニングして、シーズンに近くにつれて、より高い速度の区間のトレーニングに移行していきます。

メキシコから帰ったら、本格的に下り坂走を取り入れて、身体の状態を整えていきます。
今回は、そのための導入として実施しましたが、気候が良く、思っていたよりもいい感じで走れました。


九鬼

このページのトップヘ