こんにちは。
早稲田大学の九鬼 巧です。

今回は先日行なわれました、全日本インカレの決勝のレースを振返ってみようと思います。
この試合は、僕が初めての大学タイトルとなったレースです。
下のリンクは決勝のものですが、準決勝では10"19となる自己記録を更新していたので、
調子自体は非常に良かったです。
それでは、まずはレースをご覧下さい。
 <インカレの決勝の映像はこちら!>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IC



まずこのレースで最も大切にしていたところは30m~60mまでの区間です。
つまり、レース中のトップスピードをどれだけ高くするかということに集中したのです。
僕はスタートは得意でスタートでは他の選手よりも前に出られると予想できたので、
スタートで力を使いすぎないようにリラックスすることを心がけました。
やはり100mをトータルで速く駆け抜けるためには、
スタートで力を使い切るというのはあまり良い作戦ではないと考えています。
レースの作戦は人それぞれだと思うので僕の作戦を単純に参考にすればいいとは思いませんが、
このレースパターンは比較的日本人には適しているのではないかと考えています。
(あくまでも個人の意見です。。。)

レースの戦略についてスポーツ科学でも研究が行われているようなので、
次回は兄にレース戦略のスポーツ科学を紹介してもらいます。
読んでくれてありがとうございました。


九鬼 巧